腱鞘炎に関わる症状 - 治療 整体 大阪

ストレスを和らげ腱鞘炎の痛みを軽減させる

腱鞘炎の手首(ばね指)の治療

ばね指などの痛み


ばね指とは、屈筋腱が正常に働かないことにより、指を曲げる動作に痛みがあらわれる障害です。使用頻度が高い為、人差し指に症状が現れるケースが多いようです。人間の動作において腱は重要な役割があり、この腱に不具合が起きた状態が腱鞘炎です。

この腱鞘炎が進行し、屈筋腱に特化したものがばね指と呼ばれます。ばね指の改善には、固定しておく安静療法や薬物療法がありますが、進行が進んでいる場合には、手術を検討する必要があります。現状では、腱鞘切開手術が多く行われており、完治率も高いようです。

他の腱鞘炎の治療法で改善がみられない場合や、慢性化している場合にはばね指の手術も検討してみるべきでしょう。腱鞘炎の症状は辛く、日常生活にも支障をきたします。手術は外来で20分程度ですので、個々の必要性において治療法も選択することが大切です。

最近では、内視鏡によるばね指手術への関心も高く、腱鞘切開手術よりも手軽で負担が軽いことが魅力です。注目されている内視鏡のばね指手術ですが、まだ設備が整っている病院は少ないのが現状です。また、極めて進行しているばね指の症状では内視鏡手術に限界がありますので、医師と相談の上、適切な治療方法を選ぶことが必要です。


整体
治療
大阪

症状の原因と治療メニエール病のストレス
症状の原因内耳疾患とは
原因と治療中耳疾患とは

頭痛で鼻血
腱鞘炎の症状
四十肩の病気
腰痛対策
エクササイズ

Copyright© 腱鞘炎に関わる症状 - 治療 整体 大阪. All rights reserved.