寝る前や睡眠中の耳鳴りの辛い感覚

ストレスを和らげ耳鳴りを軽減させる

中耳疾患とは

耳鳴りの病気 - カイロプラクティックの考察


耳鳴りの代表的な病気に中耳疾患があります。
中耳疾患とは、中耳炎を言います。中耳炎には、急性中耳炎と慢性中耳炎、乳様突起炎、滲出性中耳炎があります。

急性中耳炎とは、風邪などが耳鳴りの原因になり、鼻や喉の細菌が耳に侵入して炎症が起る事をいいます。特に耳管が短い乳幼児に多い症状です。

風邪から引き続き症状を起こす事が多いので、高熱が続いたり、しきりに耳に手をやったり、耳の中を痛がったりするようであれば、急性中耳炎の可能性があります。早急に耳鼻科を受診しましょう。その症状には、耳の痛み、聞こえにくさ、耳がふさがったような感じなどがあります。

慢性中耳炎は、急性中耳炎を何度も繰り返したり、治療しなかったりすると、慢性中耳炎を引き起こし耳鳴りの原因となるのです。その症状には、耳だれや難聴などがあります。痛みや熱を伴う事はほとんどありません。

乳様突起炎とは、中耳炎になった際に治療が遅れたりすると、耳の後ろにある乳様突起の部分に炎症を起こす事になります。

滲出性中耳炎は、鼓膜の奥の方に粘々した液体がたまり、難聴などを起こす事をいいます。幼児に多い病気ですが、痛みや発熱などの症状がないので、本人も周囲もその症状に気づかない事が多くあります。


耳鳴り
内耳疾患
中耳疾患

症状の原因と治療メニエール病のストレス
症状の原因内耳疾患とは
原因と治療中耳疾患とは

頭痛で鼻血
腱鞘炎の症状
四十肩の病気
腰痛対策
エクササイズ

Copyright© 思いこみによる耳鳴りの慢性化. All rights reserved.