本文へスキップ

【耳鳴り専門】東京・国分寺市の頭蓋骨調整院

完全予約制042-312-2113

東京都国分寺市本町2-11-5矢野ビル302

耳がこもる・聴覚過敏の耳鳴りにも対応

慢性的な耳鳴り・耳詰まり感・聴覚過敏をスッキリさせませんか?


院長写真
つらい耳鳴り、耳の閉塞感、聴覚過敏を、体の芯からアプローチができる「がじゅまる整体院」院長の小波蔵 研と申します。(詳しいプロフィールはこちら

当HPをご覧になって頂いているということは、悩ましい耳鳴りやメニエール症候群、耳閉感などでお困りなのではないでしょうか。

当院は、耳鳴りなど耳のトラブルを得意とする、新しいタイプの自律神経系専門整体院です。

お越しになられる皆さまは、とても苦しんでいて、切羽詰まった状態にいる方も多いです。私もできる限り、たとえ1度しか受ける機会が無かったとしても、そのときの最大限の「楽」を感じて頂けるよう、全力で対応させて頂いています。

決して治らないわけじゃないんだ。ずっとこのままじゃないんだということを、体調の変化によって、少しでも、ご自身の体に、耳に、希望を持って頂くことが願いです。


東京・国分寺でも数少ない耳鳴り・耳閉感の専門院です

院長写真

不快な耳の症状は、当院のご利用者さまで見ても、40代以降はかなりの数の方がいらっしゃいます。

中高年から発生することが多いからか、耳鼻科などの病院では「老化による脳や耳の血流不足」と説明されることがあります。

耳鳴りそのものは「誰にでもある」のですが、深刻化してくると、耳鳴りがうっとおしくなり会話がしづらくなる。

会話がしづらいために人と会うのがおっくうになる、そこから気持ちが沈み込むというケースも生じてきます。


また、寝ようとすると不快な音がはっきりしてきて、睡眠不足から不眠症に。
不眠から導眠剤の常用という場合も起こりえます。


耳鳴りだけにとどまらず、うつや不眠にまで至ることがあるため、なるべく早めに手を打っていただきたいと切に願っています。

こうした症状は気にすれば気にするほど、より気になってくるものではあるのですが、気にせずにほっておいて、どんどん悪化してくることがあるのも事実です。

院長写真
耳鳴りかな?耳鳴りがしているなという時点で、お身体の状態に目をむけてもらうことが一番だと思います。なぜなら、それらは身体からのサインでもあるからです。

身体が悲鳴をあげている状態。
私は耳の不調をそう捉えています。

なので、症状をどうにかするよりも、まずは「身体の悲鳴」として、耳を傾けてみてください。身体の訴えに適切に手をうつことができると、やがては身体も落ち着き、無闇に症状としての悲鳴をあげなくなるというわけです。

当院の施術は、そうやってお体に寄り添った考えでおこなう施術法なのです。


「私の耳鳴りには対応してもらえるかしら・・・」
「こんな感じの耳の違和感なんだけど大丈夫かなぁ・・・」
「もう長く症状が続いてるんだけど、治るかしら・・・」


一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。
ご相談・お問い合わせは無料です


【がじゅまる整体院】
042-312-2113
スマホの場合、クリックで電話がかけられます。

メールでのご相談はこちら

営業時間
10:00〜21:00(不定休)
土日もOK!営業しています

料金やアクセスはこちら


お医者さんもお手上げ、原因不明の耳鳴り、耳閉感、聴覚過敏も


まずは、施術後に楽になられた方の症例をご覧下さい。


(32歳/女性)
頭痛がひどく、耳鳴りもだんだん大きく感じるようになっていたが、施術を通してリラックスが出来るようになると、頭痛の回数は減り、耳鳴りも消えることが多くなった。

(59歳/女性)
めまいとふらつきで病院に行っても一向に良くならず当院に。内臓に負担がかかっていることが感じられ、内臓マニュピュレーションをおこなうことで食欲が戻り、めまいふらつきも無くなった。

(48歳/女性)
ライブの後から耳鳴りがするようになり、耳鼻科で薬を貰っていたが、だんだん周りの音にも頭の中で反響するようになり来院。頭蓋骨調整で1回目からリラックスできてだいぶ軽くなった。今ではすっかり良くなり、定期的な体のメンテナンスとして通っている。

(51歳/男性)
転勤してから寝付きが悪くなり、耳が塞がった感じと耳鳴りがするようになった。慣れない環境で相当ストレスがお腹に溜まっていて、内臓マニュピュレーションと頭蓋骨調整で全身の緊張がほぐれるようになり、夜もグッスリ眠れるようになり、症状を感じることが少なくなった。

(43歳/女性)
来院時にはたくさんの薬が処方されていて、気持ちはやめたいという思いだが、不安感が強く薬がやめられずにいた。施術を通して、心と体を感じてもらい、健康に自信が持てるようになってきたことで、薬も飲むのを忘れるくらいにまで元気になった。

(63歳/男性)
万年肩こりで聞き取りも悪く、朝起きたときの耳鳴りがとても酷かった。しかし、体の緊張を解きほぐし、コリや痛みが楽になることで耳の症状も楽になり、鉛が入っているような肩こりも無くなった。耳も聞き返すことがだいぶ少なくなった。

※受けられた方個人の感想であり、結果や効果を保証するものではありません。


いかがでしたでしょうか。

皆さん、それぞれに発症のキッカケはありますが、ちゃんと体の状態に寄り添って対処が出来ると、病院では「治らない」と言われた方でさえ、ここまで楽になっていきます。

しかも、これらの症例は、
何十回、何百回と施術所に通い続けた結果ではありません。


こうした施術が合う方は、比較的短期間でも、体調に良い変化が感じられることが特徴でもあります。


症状の原因と自律神経を知ることで活路が見えてくる

少しここで、自律神経のことや症状の原因について、知っておいて下さい。
そもそもこの悩ましい耳鳴りや耳閉感、聴覚過敏などは、どこに原因があるのでしょうか?

耳鼻科医の対応
現在は医療も進歩し、臓器移植も行われる時代です。
もし、研究が進んで耳鳴りに画期的な移植が可能となったとき、どこを取り替えると耳鳴りや耳閉感などが治るでしょう?

鼓膜?内耳の骨?三半規管?聴覚神経?


違いますよね。

多くの耳鳴りは「どこ」を取り替えても変わらないと思います。
取り替えることができたとしても、また症状は起こってくるのではないでしょうか。


例えば、

「ストレスで胃に穴が空く」、胃潰瘍という病気があります。


胃は酸を分泌しているから、胃壁を溶かすという現象が起こるわけなのですが、胃に穴が空くのであれば、他の部位ではどうでしょう?

ストレスで便秘にもなります。
下痢と便秘を繰り返す場合もあります。

ストレスで腰が痛くなることもあります。
ストレスでめまいが引き起こされるとも言われます。

ストレスがおおもとであれば、
身体の中で、なにが起こってきても不思議ではありません。


ではなぜ、胃に限らず、どこにでも起こりうるのかというと、ストレスが自律神経を混乱させるからです。

鍼治療

自律神経は生きるためにバランスを取るシステムです。

頭のてっぺんから足の先まで、自律神経の支配下にあるんです。でなければ、手のひらに汗をかいたり、足が寒いなどと感じることもなくなってしまいます。

ストレスによって自律神経が乱れ、ある人は胃に穴があき、ある人は手に多くの汗をかき、ある人は耳鳴りを感じる。

大雑把にいうと、そういうことにつながってきます。


人によって、「胃に穴が空くくらいの体が悲鳴を発している」。
人によっては「鳴ってもいない音が聞こえるくらいの悲鳴を体が発している」。

こう考えていただくと、胃が痛いから胃薬を飲んでも、耳鳴りがするから耳の何かを移植できたとしても、意味がないことがわかっていただけるかと思います。

当院では、『慢性的なストレス→慢性的な脳の異常興奮』という捉え方をし、耳鳴りや耳閉感・聴覚過敏といった病院に行ってもなかなか良くならない不調に対して、頭蓋骨や脳に着目しながらアプローチしていきます。


「整体」と聞くと、痛い治療と思っていませんか?

院長写真
当院では、耳鳴りなど耳のトラブルはストレスからくる自律神経の乱れがおおもとにあると考え、施術を組み立てていきます。

私は理学療法士という国家資格をもっていますが、耳鳴りや耳閉感、聴覚過敏のアプローチに使っているのは「クラニオセイクラルセラピー」と「内臓マニュピレーション」という技術です。

クラニオセイクラルセラピーは、頭蓋骨のリズムや頭蓋骨の状態を整え、脳脊髄液の循環を促す全身調整法です。

体験していただいた皆さんに大変喜ばれるのですが、頭蓋骨の調整をしていくと、脳がリラックスして瞑想状態に似た状態になります。

ストレスが自律神経を乱す、そこから脳が異常興奮して耳鳴りを引き起こすのだと言ったところで、今すぐストレスをゼロにはできないのが現実です。そこで、自分ひとりではたどり着けないくらいの深いリラックス状態に導き、心身の緊張を一度リセットしてしまい、脳の興奮を鎮めていくわけです。

脳脊髄液
またこのテクニックによって脳脊髄液の循環も改善されてきます。
この液は脳から脊髄の間を行き来しているのですが、神経に栄養を運び老廃物を運び出す大切な役割をになっています。

この流れが本来の状態を取り戻すことによって、自律神経も整えていく効果が期待できます。


必要に応じて内蔵マニュピレーション。
手をそっとあてることで内蔵のリズムを取り戻し本来の働きができるお手伝いをしていきます。

耳と内臓。一見、なんの関係もなさそうですが、心身が緊張状態にあるときは内臓も緊張にさらされていることが推測されます。

それはストレスと胃潰瘍の関係からもわかります。
他の治療院では目をむけることの少ない内臓(耳鳴りの場合ですと、腎臓など)へも、場合によってはお手当をしていくことで、より踏み込んだ施術を行ってまいります。

もともと、頭痛やめまいといったお客様が多数こられていました。

あるときお客様が「頭痛とは関係ないと思うんですが、最近は耳鳴りもうっとおしくなってきて」とおっしゃられたことをキッカケに、自分のもてる技術で対応していたところ、頸椎・頭蓋骨の調整と「その人の全体を観る」ことで、いつの間にか「耳鳴りが感じなくなったよ」というお声をいただけるまでになりました。

また、倦怠感でお越しになられた方から「今まで言ってなかったけど、ここに来てから耳鳴りが気にならなくなってることに気が付きました」と言ってもらったこともあります。

倦怠感にアプローチしてるうちに、私が教えてもらっていなかった耳鳴りが止まってきた。これも、耳だけにとらわれていてはダメなんだという、顕著な例かと思います。

耳に対するアプローチにこだわりすぎない施術を当院は貫いています。


耳の不安を、安心に変えていく

院長写真
私は「全体を観る」ことが大切だと思っています。

それは「身体全体」ではなく「その人全体」をという意味です。

テクニックにとらわれると、「その人」が置いてきぼりになります。

頭蓋骨の調整さえすれば耳鳴りが治ると、施術者ですら錯覚してしまうのです(私は治療家対象のセミナーも行っていますが、このことを痛感しています)。

身体の悲鳴の前には、その人の悲鳴があったはずです。

自分自身の挫折体験のおかげ?か、お客様から「なんでも話せる」「近くにいるだけで気持ちがゆるむ」と言っていただくことも多いのですが、施術はあくまでも人と人。耳鳴り対テクニックではないはずですよね。

寄り添う気持ちでお話をお聞かせいただき、その人を知ることで施術を組み立てていくよう心がけています。

治したいという強い気持ちを持っておられる方、でも治るかどうか不安で焦りを抱えている方。当院で不安を安心に変えていきましょう。ぜひ、お越しください。

「身体さん、もう大丈夫だよ。お知らせしてくれてありがとう」


一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。
ご相談・お問い合わせは無料です


【がじゅまる整体院】
042-312-2113
スマホの場合、クリックで電話がかけられます。

メールでのご相談はこちら

営業時間
10:00〜21:00
(不定休)

土日もOK!営業しています

料金やアクセスはこちら






【院内】

清潔感溢れるリラックス空間で、心身のストレスを癒やして参ります。

【問診・カウンセリング】

耳のトラブルを改善するには、まずはしっかりとカウンセリングすることがとても重要になります

【姿勢チェック】

心の疲れはカラダに現れています。また、体の歪みは心の緊張を表します。立位や座位でチェック

【骨盤調整】

完全無痛の整体で、骨盤を調整していきます。この時点で体が緩むのが感じられるかもしれません

【頭蓋骨調整】

手をそっと添えているだけの頭蓋骨調整は、深いリラックス効果があり、不眠の方はスヤスヤと眠ってしまう方も少なくありません

【肩首・姿勢チェック】

耳だけでなく、肩や首、姿勢に不調が現れている方も多いです。チェックと同時に調整もしていきます。

【スッキリ爽快に♪】

一度でもだいぶスッキリして頂けますので、まずはお気軽に施術を体感しにいらして下さいね。


【耳の不調専門家】

院長:小波蔵 研

耳鳴り、耳閉感、聴覚過敏でお悩みの方に、日々技術と知識を磨いて、最善の結果を出すために、これからも心と体に寄り添う施術を心がけて参ります。

東京・国分寺市の耳鳴り専門名古屋の耳鳴り専門

がじゅまる整体院

0423122113
スマホの場合、クリックで電話がかけられます。

メールでのご相談はこちら

営業時間
10:00〜21:00
(不定休)

土日もOK!営業しています

〒185-0012
東京都国分寺市本町2-11-5
矢野ビル302
TEL 042-312-2113









耳の閉塞感・耳鳴り解消法
無料レポートプレゼント

今すぐクリック